# 敷き布団の重要性について

これからの季節、だんだん寒くなり冬が近づいてきます。みなさんは寝具について重視することやものは何でしょうか。私は特に敷き布団を大切にしています。なぜかというと、一番寝心地に関係し、眠りの質に直結すると思うからです。私は学生時代には安いボロボロのものに寝ていました。若かったこともあると思いますが、特に不満もなく疲労感もとれていました。しかし、同じもので社会人になってからもずっと寝ていました。年々睡眠を十分にとっても疲労感がとれなくなってきましたが、これは年のせいだと軽く考えてきました。ふとしたきっかけで敷き布団を変えることになり、一度買ったら長く使うだろうという思いがあり、少し良いものを購入しました。その結果、眠りの質が全く違うことがわかりました。疲労感も解消されました。新しいものに変えたことがきっかで敷き布団の重要性をとても感じました。

手作り敷き布団の魅力

敷き布団といっても、様々な種類があります。一般的に出ているのは、羊毛混固綿入りだそうです。これは、年数がたってしまうと、へたり、薄くなってしまいます。そして、また買い換えることになります。私も、長年、これを使い、その都度、いらなくなった敷き布団をごみに出していました。しかし、最近、私が愛用するようになったのは、主人の母親の作る、手作り布団です。中に綿を、丁寧に丁寧に敷き詰めて作っています。へたってくると、中にまた、綿を足したりして、繰り返し使います。もう、5年以上使っていますが、ヘタリもなく、外に干した後は、ふかふかでとても気持ちがいいです。布団を手作りするものだなんて、全く思っていなかった、私にとっては、衝撃的でした。しかも、へたってきたら、また、綿を入れなおすなんて、とてもエコだと感じました。

よく眠るために大切な敷き布団について。

毎日の睡眠に絶対に必要なのが寝具です。眠ることは、身体を休めて日々の疲れを取るためにとても大切なことですよね。1日頑張って働いて、やっと眠れる時間が来て布団に入るときの幸せは、毎日を一生懸命に生きているからこそわかるものだと思います。その布団でも、できるなら良く眠れるものや、身体に合ったものを選びたいですよね。掛け布団、敷き布団とありますが、特に質の良い睡眠のために大切なのが、身体を支える敷き布団です。かためなもの、やわらかめなものとあり、好みのものを選んでみるといいと思います。自分の身体に合った布団で睡眠をとるようにすると、翌朝の目覚めがとても良くなり気持ちが良いと思います。目覚めが良ければ、その日1日をとても良い気分で過ごせそうですよね。そして、質の良い睡眠をとれるようになるため、とても健康にも良いと思います。