寝具とは就寝の様式によっていろいろな種類があります。部屋の中で寝る場合にはベットや布団、キャンプなどに使用するのは寝袋やハンモックなど就寝する時に用いる物のことを寝具といいます。日本でもっとも古い寝具は菰と蓆だといわれています。現代の日本では掛け布団には羽毛、羊毛、綿、化繊などがあり敷布団にも同様の素材が用いられています。ここで重要なのは布団の固さです。個人によって好みがありますが、普通立っているときと同じような緩やかなS字カーブを描くのが体のためにもいいし、快適だといわれているのです。硬すぎたり柔らかすぎる布団は腰に負担がかかります。寝具をベットにするのか、和室用にするのかでもその種類が違ってきます。ベットにはそれほど厚い布団を用意する必要はありませんが、和室用の物には床の固さを和らげるためにマットレスなどとの併用が必要になってきます。

日本の気候を考えると、夏の暑い季節と冬の寒い季節では使用する物も替えるのが快適に睡眠を取るコツといえるでしょう。夏の汗を吸収しいつでも快適に寝られるように出来るマットや冬の寒い時には体温を逃がさないように遠赤効果のある繊維や綿を使用した物などがあります。また、フローリングの床にはすのこを使ったすのこベットという物も快適に過ごせるアイテムといえるでしょう。掛け布団には季節問わずに使用できる高級な羽毛を始めコットンを使った物や肌触りのいいガーゼを使用した物、昔ながらの綿を使った物、綿と化繊の混毛などがあります。ガーゼの物は肌触りが良いことや洗えることなど利点が多くあります。日本にはふとん屋さんというお店があります。エコロジーという観念からもふとんの打ち直しはとてもいいことです。汗をかいたり、同じ所で寝ていると綿が偏ったり綿が汗で湿っておふとんに入った時におふとんが冷たく感じることがありませんか。そんな時にはおふとんの打ち直しをすることで新品のようによみがえるのです。綿を洗浄してきれいにし生地を取り換えます。羽毛も洗浄することできれいになります。寝るためには枕も必要です。枕こそ、その材質で枕の硬さや寝るときの姿勢が変わってきます。

個人に合った枕を使うことで心地よい睡眠を実現させることが出来ます。人間にとって人生の半分は睡眠だといわれています。快適な睡眠を得られないと体調が悪くなったり、不眠になったしまうこともあるので、個人に合った寝具や季節に合った寝具を選ぶことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*