# 冬には羽毛布団が必需品です

私が子供の頃には。綿が入っている布団でよく寝ていました。綿が入っているため、とても重たくて、子供の私にはなかなか押し入れの中にしまうことができませんでした。何度も言いますが、綿の入った物は重たいので、畳の上にマットを敷いて寝るのにはもってこいでした。なぜならば、畳の上で寝ていれば、重たい綿の布団は、寝返りを打ってもどこかに行ってしまうことがほとんど無いのです。でも、ベッドの上で綿の布団を使っていると話は別です。綿が中にたっぷりと入っているため、とてもめ重たく、少しでもずれてしまうと重力の関係でベッドの下にズレ落ちてしまう可能性が高いのです。また、ズレ落ちてしまった綿の布団を、寝ぼけながらベッドの上まで引き上げて、再び寝ることは至難の業です。私は子供の頃、二段ベッドの下の階で寝ていました。当然綿の物でしたが、二段ベッドのサイドには手すりが付いていたので、手すりが木綿の布団を堰き止めてくれていたのです。

現在の私は、就職をして働いています。また、就職してから同じ職場でパートナーを見つけることができました。今では結婚をして子供も2人いますが、私は一人寝室で寝ています。これは、夫婦仲が悪いというわけではなく、一人一人別々に寝た方が、熟睡できてゆっくり眠ることができるのです。さらに、一人で寝ているとパートナーに気兼ねすることなく好きなことができるのです。例えばDVDを鑑賞するとか、インターネットをするとか、仕事をすると言った具合にです。そして私は、夏はタオルケット一枚で過ごし、冬には羽毛布団が必需品になっています。夏には、タオルケットがベッドの下に落ちていても大丈夫ですが、冬はそうはいきません。下手に寒い格好をして寝ていると風邪の原因になったり、腹痛の原因になったりするのです。私は暖かいところが好きですから、できれば、暖かい場所に住みたいと思っています。その理由は、寒いところにいると寒冷性じんま疹が出るからです。羽毛布団は値段が安いとそれなりの製品ですが、ある程度の値段がする物は、やはり軽さと暖かさが違います。私がいつも使っている物は、実は数万円もした製品です。そして、その肌触りといい、軽さといい、暖かさは絶品です。

これからしばらくは寒い日が続くようです。夜寝る時は、お風呂にゆっくり浸かって体を温めてから寝るようにしましょう。そうしないと体の先端部分が冷えてしまって、なかなか寝付くことができなくなるのです。